2016年02月05日

言い分けしない選択

 年の初めに「今年の抱負」と大仰にかまえてきたことはなかった。ただ、この年齢になって、ようやく得ることができた自分の時間を、いかに有効に使ってゆくか、住まいから五分の明治神宮に出向き、感謝するとともに再度決意を新たにするというような心構えの範疇だった。にもかかわらず、今年はなぜか、元旦、西参道から人混みにまみえて本堂に向かう途中、ふと思いに至ったことがあった。
「今年は、自分にも他人にも、いいわけというものを一切しないでみようか」と。
名称未設定 3.jpg
 トラウマのある幼児体験のせいか、私は自分でも嫌になるほどの「反省癖」.の持ち主で、一日が終わる頃になると、無意識に頭の中をゆっくりと回転し始めるのは、「あの人に言った台詞」「この人に接した顔つき」などで、そうした時の相手の反応を今一度思い起こしてみては、「まずかったなあ」とか「ああ、恥ずかしい」などと考えていることが多々あった。まわりから見れば、自意識過剰ということですまされてしまうだろう。が、それはそれで、若かった頃は、自分の落ち度を見つめていないと却って不安に陥ってしまっていた。この年齢になれば、さすがに深刻に思い起こすというのでもなく、一種の通過儀礼のようなものでもあった。
名称未設定 4.jpg
 そこで思ったのだ。何十年もの長き間、反省に反省を重ねて、かなり真剣に「ああした、ことは二度としない!」と決意しても、改善の兆しが芽生えてこなかったことを。なんどでも同じ失敗を重ねている。
名称未設定 2.jpg
 あれから一ヵ月。ひとりで、ぼやっとしている時など、やっている! やっている!
時間の無駄でしかない反省癖を・・・。まるで、いじいじと自分をいじめては楽しんでいるみたいに・・・。はっとなり、「ソノ  思考回路  ヤメ」と宣言。たとえ、どんな愚かな言葉であっても、たとえ、どんな愚かな行為であっても、そのレベルが、ありのままの自分であると再確認。
名称未設定 5.jpg
 なんだか生きるのが、楽になった。
 驚くほどシンプルになったとでも言おうか。
 そして、「自分にも他人にも言い分けめいたことをしない」という心のあり方が、なんらかの形で熟成への道筋への一環となってくれたら嬉しい限りなのだか、どうだろうか。
 この一年、実験してみるつもりだ。
名称未設定 1.jpg
posted by アンジェリカ at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 立木アンジェリからのお便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする