2017年02月08日

品位は死んだのか

 昨夜、スターチャンネルで往年の名作「カサブランカ」を見た。この映画を見るたびに、粋な偽善者を装ったハンフリー・ボガードの男っぷりの良さにため息が出て止まらない。改めて制作年を調べてみたら、なんと1942年。一瞬、目を疑った。それほど長い歳月、主人公のリックは、アメリカ国内だけでなく日本でも男達のヒーローであったはずだ。
 また、女たちは、あのフランケンシュタインまがいの男がさりげなく「君の瞳に乾杯」など言うキザな台詞を、一度でいいから言われたいと目をうるませたはずだ。
名称未設定 5.jpg
 それもこれもあの主人公が、哀感あふれるメロディ「時の過ぎゆくままに」に乗せて、愛する女を守るため、己の中に眠っていた大義のため、画面いっぱい男の心意気を噴出してくれたからだった。団塊世代の私たちにとって、良き時代のハリウッド映画とは、ある種の道徳心の基本となったと言っても過言ではないような気がする。
名称未設定 4.jpg
 そのアメリカが、今、世界に恥をさらしている。
 品位のかけらさえない一人の男が、民衆を救うつもりになって敵対心丸出しにして英雄気取りで登場しているのだ。この地上にいる人間の半分はおかげで毎日不快な思いをしている。けれど、そいつは平然と言ってのける。「お前たち、恥をしれ!」と。
名称未設定 3.jpg
 BSドキュメンタリーでは、若い日の不動産屋トランプ氏の成功秘話を暴露していた。
 ゴルバチョフが、訪米する際、「メトロポリタン美術館とトランプタワーに立ち寄る」というデマを自ら各紙に売り込み、玄関で待っているポーズまで掲載させたのだ。そうした商法でのし上がった男。嘘は言ったもの勝ちなのだ。広告料は払わずともメディアのからくりが宣伝してくれる。そんな男が核のボタンを握っている。
名称未設定 2.jpg
 不謹慎なことを言って申し訳ないが、実は首を傾げて待っていることがある。
 トランプ氏が、ここ一年から二年の間に弾劾裁判にかけられ、追放される日を。そうでなくては、なんのために我々は教育を受け、なんのために教養を身につけ、日々、品位を保った人間でありたいと願うことに意味が見つけられることだろうか。
名称未設定 1.jpg
posted by アンジェリカ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 立木アンジェリからのお便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック