2017年11月07日

自然の中でのひとり時間

 十月、パートナーの体調が回復したので、もも太郎をわざと預けて、ひとり時間を持つために軽井沢に来た。思い返せば、夫の希望でこの地に永住を求めて家を購入したところ、本人が肺気腫になってしまい、高地の生活を断念した結果、図らずも別荘と呼ばれるものになってしまったが、所詮、サラリーマンでしかない我々にとっては保持してゆくだけで大変な散財になっている。いつか手放さなくてはならない時期がくるかもしれないだけに、自然の中の生活を大いに満喫したい。
名称未設定 2.jpg
 購入してから二十年になるが、愛犬を残してひとり来たのは今回が初めて。林の中の一軒家なので、知り合いには「よく、平気で泊まれるわね」とあきれ果てられているが、「犬がいるから大丈夫」と答えていた。その相棒がいない。最近、夫が気力をなくして鬱っぽいので医者に行き薬をもらう代わり、もも太郎とのふたりだけの生活を試してもらいたかったからでもある。
名称未設定 5.jpg
 朝から夜まで自由に使える一人時間は最高だった。まだ薄暗い五時に起床して、六時半、旧道にある聖パウロカトリック教会で朝ミサを受ける。何十年といたカルロス神父が高齢になりコロンビアに帰国したので、壮年でおられる高野哲夫神父に変わって二年。この高野神父の説教が素晴らしいのだ。明るくエネルギッシュでユーモアにあふれながら哲学的。日曜のミサで拝聴して、「ああ、日本人にも、こんな素晴らしい方が」と感激していた。今回、わかったことだが、三年間、ハンセン病棟におられ、刑務所に行かれることも仕事のひとつだとか。だからこそ理屈ではなく、心の奥底に響いてくる何かがあるのだと納得した。
名称未設定 3.jpg
 その後は、旧道を上り碓氷峠に。ジョン・レノンが通い詰めた見晴台に。雨の日には途中でイノシシの子供二頭に出会う。怖さよりも愛らしく、地元の人は「うりぼう」というらしい。そのあと、浅野屋さんで釜から出てきたばかりのクッペを買い、テニス・コートを横切り万平通りを通って脇田美術館を横目に自宅へと。午後は、ピッキオの仲間たちとウォーキングをしながら自然観察。夕暮れになると五十肩完治めざしてトンボの湯へ。中国の方々は、日本人と恥の感覚が違うのでかなり戸惑うが、夜になるとそれも闇の中。おかげさまで、ほんとうに贅沢な時間を過ごし、生き返ることができた。
名称未設定 1.jpg
 一方、パートナーの方も何とか無事で、もも太郎との規則正しい交流の中に、近所のお寺にお参りに行く、という新しい習慣が身についたようで安堵した。
名称未設定 4.jpg
posted by アンジェリカ at 15:10| Comment(0) | 立木アンジェリからのお便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。